典型的B型男で行こう 2009年06月11日















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

111・・・・



出た

またまた

111

最近よく見るスコア

のくせに

HDCP36フルにもらって
コンペ3位
ブーイングの嵐

CHART20090611.jpg

チャートも高め安定中

だが、しか~し

今回は色々勉強になった

今回のテーマ
①テークバックの始動で顔を動かさない
これに関してはどんなにブレようと終始一貫して行いました

なぜ、こうしたか。。。

これまでは、田原先生の教えの元
テークバックでの肩の回転をスムーズにするために
テークバックの始動をまず視線をボールの後方に移すようにしてきた
やってみればわかるのですが、コレだと確かに肩は回りやすいです
そもそも、B型男スライスの撲滅の為に始めたことであります

しかし

これ、コースでやると他の同伴者が後ろに居ると
視界に入るのですね
そんなもん気にならないだろ
って思われるかもしれませんが
これがまた、一度気になると、めちゃくちゃ気になるもんで。。。。
それと、当然のことながら視線をボールから一旦切るので
やはり不安感あり
実際には空振りすることなんてありえないのですが。。。
それとそれと
顔を意図的に右へ動かすので
やはり、軸がぶれる気がしてきたのです

スイングの再現性を高めるということは
ゴルフにとって非常に重要なことでツボであると思います
んで、
今年になってボチボチ練習を再開したB型男は新たな考えに到達
再現性を高めるには、動かない(動かさない)ことであると。。。

0は0のままです
顔でも、軸でも、ひざでも
動かすということは
0が1やら2になることです
それが常に、体がどんな状態でも、疲れていても、つま先上がりでも
寸分の狂いも無く1動かすところが1動いていれば
それは再現性の高いスイングであるということになるのですが
その日、そのスイングによって
1.5やら2やらになると
再現性は崩れてしまう

そう考えたのです。。。。
(う~ん、力説のわりに大した事じゃない気が。。。

そんなことで、とりあえずスイングにおいて
動かさないポイント、固めるポイントを決めようと意識改革をしました

んで、んで

実際コースで顔を切らないようにしたのですが
ドライバー右プッシュ+チョイスラ連発でOBオンパレード
なんとか修正したかったのですが、スイングはいじくりたくないし
ボールの位置も変えたくない
ひたすら念じるのみ
念じてボールがまっすぐ飛ぶなら苦労はしないわけで。。。。

非常に再現性の高い、右プッシュスライスを連発し
意気消沈のB型男

残り4ホールとなったとこで
痺れを切らせたキャディさんが教えてくれました

『スタンス右向いてますよ

そんなはずは無い
俺はコースのやや左側を狙って、ティーの先にスパット決めて
フェースを合わせて、それに足を合わせて、開いて
ちゃんと第百の先生に教えてもらったとおりやっとるんやんけ

そこで、同伴のアラ還、若狭さんが
B型男のスタンスに合わせてクラブを置いてくれました

・・・・・・・

右OB方向まっしぐら

ショックでした
ゴルフって恐ろしい・・・

んで、
スタンスを直してティーショット

会心の一撃
間違いなくキョウイチショット
しかもドラコンホール

ドラコン旗に、B型男の名前と
『抜けるもんなら抜いてみろ』
と後続組にメッセージを書き込み
見事にドラコンゲット

そのホール、パー
残り3ホール、ボギー、ボギー、パー
B型男的には上出来な内容

キャディさん、もっと早く教えてよ~

そんなこんなで
スコアは悪けれど、次につながるゴルフとなりました

次は、所内コンペ、頑張ります

090610_1313~0002

鹿いました


スポンサーサイト
[ 2009/06/11 12:03 ] Golf | TB(0) | CM(2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。