典型的B型男で行こう 2009年10月31日















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

出直し



ショックのあまり更新に時間を要しました。。。。

先日の所長杯

50/61

野村監督曰く
『二流、三流選手がスランプなどと口にするものではない』

はい、実力です

暫く考えました

まず、すべてのショットに対して、力みすぎ
これはキャディさんに指摘されました。。。
常々力を入れては駄目だと、頭ではわかっていても
潜在意識とやらには勝てないようです

おそらく、前々回のエンゼルカントリーの後半のドライバーショットが
尾を引きずっているようです
あの時はそれはそれは素晴らしい球が出ました

前回の上総カントリー以降、どうやら飛ばしの色気が。。。

若気の至りとでもいいましょうか
『すげぇ飛ぶな!』
『いかにも飛びそうじゃん』

そんな言葉がさらに拍車をかけ、いつのまにやらブンブン丸に
下半身、体幹を意識したスイングからかけ離れ
腕、腕力中心のスイングへと移行してしまったようです

ユーティリティー、アイアンも然り。。。。

さて、問題はこれからです

とにもかくにも、イチからやり直さなければどうにもこうにも
修正のしようが無い状況です

ただ

こんな最悪な状況の中でもひとつ、最近掴みかけているものがあります

アプローチ

前回、前々回と確かにアプローチだけは安定感を増してきた気がします

アプローチとパッティングは比較的どこでも手軽に練習できるので
暇を見つけては練習してきました、その甲斐がすこしはあったようです

そこから突破口を見出そう

そう考えました

アプローチ練習と実戦のグリーン周りで体得しつつあるもの

腰で打つこと

腕の意識を取り払い、腰の回転でクルッと、決して手で打ちに行かない
そしてヘッドアップをしない事
(アプローチ、パターにヘッドアップは禁物)

こうすることで、球はロフトなりに上がり、尚且つザックリやらトップのミスもかなり減ってきました

で、

これからの話

こうして体得しつつあるアプローチショット

この延長線上にドライバーショットもある
そのように考え練習の仕方を変えていこう


やり方は色々ですが、とにかくアプローチショットの感覚を体に残したまま
クラブを徐々に長く、振り幅を徐々に大きく

そんな練習をこれからしようと考えております

さてさて
今回の所長杯、結果はともかくとして、それは楽しいゴルフでした

091028_0721~0001

朝7時出発のバスの中でまず1本

091028_0737~0001

引き続き2本目

コンペ終了後パーティー会場で
こりゃ飲むしかないと、しこたま注入
帰りのバスでももちろん注入

当然こうなると、帰りの車内ではあちらこちらから
海ほたるはまだか
(皆さんタンクが満タン。。。)
海ほたる到着後みなさんトイレへなだれ込み
バスに戻り点呼確認!!
(実は去年、副所長を海ほたるへ置き去りにした事故事例あり
故意という噂もあり

会社に到着後、そのまま2次会へなだれ込み
とにかくよく飲む会社であります。。。

そんなこんなで楽しい1日を過ごしたのでありました

CHART44.jpg

次回は必ず下降線を!!!!



スポンサーサイト
[ 2009/10/31 21:44 ] Golf | TB(0) | CM(2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。