典型的B型男で行こう 2010年01月20日















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

三角形



今日も仕事帰りに打ち込みに行きました
相変わらずです。。。。
しかし、こんなときこそ何かを掴まなければ進歩なし

体の開きが早い!!!
自分で打っててよくわかります
見事なスライス

こうなったら、とことん基本に帰ります
というよりも、よくよく考えてみたら
基本なんか何一つ出来てないのです

いつの間にか、それなりにクラブが振れるようになって
それなりに飛ぶようになってただけです
右に曲がったり、左に曲がったりしたら
小手先の調整で修正

そんな繰り返しだから、いつまでたっても上達しないんだ!!!

体の開きが早いとか、手打ちとか結局のところ
体と腕が同期してないということ

腕と肩の三角形
よく言われる基本

これが大事なんだなぁ

肩と腕の三角形を崩さないように、同調させて打つ
開きを我慢したり、腕を早く振るのではなく
とにかく体と腕が同期して動けば、振り遅れも無いのである!!

オーバースイングでも三角形は大きく崩れる
トップで腕がそんだけ行ってるぶん、体も行ってれば(柔軟なら)同期は保たれる
が、そんな柔軟性も無いのに、腕は楽に上がってしまうためついつい上げてしまう
この時点で、腕と体の関係はかなり開いてしまってることになる
そこから打ちにいくと当然体は先に行ってしまい結果開いたスイングになってしまう
それを腕で修正しようとすると
今度は引っ掛ける

腕と体が同期してないままスイングするという事は、インパクトの一瞬に同期を作らなければならない
それって不可能に近いし、たまにあったとしても、偶然の産物に過ぎない

とにかく、自分が三角形を崩さないで出来るスイングまでとして
距離は落ちようともそれで暫く基本を身につける!!

その形で徐々に振れるようにしていく

今日はそんなことを思いました。

日々成長!!!


スポンサーサイト
[ 2010/01/20 00:03 ] Golf | TB(0) | CM(2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。